脂肪融解注射に興味はあるけど、どういった特徴があるのか気になっているかもしれませんね。特徴だけでなく、施術した後に何かしらのデメリットがあるのかも知りたいはずです。

そこで今回は脂肪融解注射のメリットとデメリットについて紹介していきます。

脂肪融解注射のデメリット

脂肪融解注射はメスのいらない脂肪吸引のようなものです。体に負担をかけずに痩せることができます。しかも、お値段もあまり高くないのが脂肪融解注射の特徴です。

しかしどんな施術にもデメリットはつきものです。

効果が現れるまでには時間が必要!

脂肪融解注射を利用した場合のデメリットは、まず脂肪吸引よりも施術直後にはその成果がよく分からないということです。脂肪融解注射をしたからといっても、すぐに脂肪が解けて体の外へでるわけではありません。

ゆっくり脂肪を融かして、新陳代謝のように体の外に排出するのが脂肪融解注射なので、ある程度の時間が必要です。また、注射一回の効果には個人差があり、効果の出やすい人と出にくい人がいます。

しかしながら、このデメリットが見えなくなってしまうくらいメリットが沢山あるのが脂肪融解注射です。

脂肪融解注射のメリット

効果が徐々に現れるため、自然に小顔や部分やせしていくため、施術を行ったことが他人に分かりにくいのは良いですね。

・メスで目的の部位を傷つけることはない。また手術ではないのですぐに日常生活を送ることができます。

・施術後も痛みはなく、ほとんど腫れたりもしないので、ダウンタイムが少なくて済みます。

・注射をするだけで脂肪を融かして排出する簡単な施術のため、体のあちらこちらで痩せたい部分を選んで行うことができます。

・食事制限などのダイエットに長い時間苦しむ必要ありません。

・顔の部位である腫れぼったい瞼や、団子っ鼻にも効果があります。

このようにたくさんのメリットがあります。お仕事や学校がある人にとってはダウンタイムがないことは、とてもありがたいことです。痛みや腫れがあると、やはり気分的にも優れません。

そして効果が徐々に出てくるという点でも、あまり痩身施術を行ったということを人に気づかれたくない人はメリットの一つだと言えます。

また、脂肪融解注射は、その他の痩身施術よりも体への負担が少なく、安全性はとても高いようです。効果の出方も人によりますが、リンパの流れをよくしたり、マッサージしたりして自分なりに効果が出やすいように工夫することもできます。

まとめ

脂肪融解注射にはデメリットも存在しますが、それ以上にメリットのほうが大きいです。もし、脂肪融解注射を検討しているのであれば、まずはクリニックなどに相談にしいくと良いでしょう。

クリニックではスタッフの方が親切に話してくれるので、きっと脂肪融解注射についての理解も深まるはずです。