多くの女性が憧れる美しさの基準の一つとして、小顔であることが挙げられます。

顔が大きいと悩んでいる方のほとんどは、元々の骨格というよりも、たるみや脂肪などで悩んでいる方が多いようです。ただ、リンパマッサージやダイエットなどではどうしても限界があり、自力でお悩み解消しにくい部分とも言われています。

そこで最近注目されているのが、クリニックで受けることができる小顔注射です。このページでは、小顔注射がどようなものなのかを解説していきます。

小顔注射のメリット

小顔注射は、他の選択肢である脂肪吸引や整形といったものとは違ったメリット、デメリットがありますので、従来の方法ではなかなか小顔の施術は難しいと諦めていた方でも小顔を目指せるかもしれません。

たとえば、脂肪吸引よりも低価格で施術できるということや、手術をせずに注射のみで済むこと、急激に大きく変化するわけではないのでばれにくいなど、小顔注射が広まる以前までの施術でネックになっていた部分を解消できます。

ですから、これまでよりもより多くの方が小顔を実感できるようになったという意味で、誰でも小顔になれる、理想的な小顔の施術と言えるのではないでしょうか。

小顔注射にデメリットはある?

小顔注射は急激な変化が期待できない、一回の効果に個人差が出るといったデメリットになり得る面もあります。

ですが、個人差がでるというのは仕方のないものとして、効果が緩やかであることは周りの人にバレにくいというメリットと考える事ができますので、そういったところをどうとらえるかでも変わってきますね。

また、ダイエットでも顔だけは痩せられなかったという方や、部分痩せに限界を感じている方などにも簡単に小顔を実感できるのでおすすめです。

まとめ

顔回りに脂肪が多くついていたり、たるんだ頬など、自分自身で鏡を見て落ち込んでしまう方はたくさんいますが、そんなお悩みを抱えているのなら小顔注射を検討してみるというのはとても賢い選択かもしれません。

人により、メリット、デメリットのどこに重点を置くかは違いますから、自分自身に合った選択ができるように、しっかりと小顔注射についての知識を理解しておきましょう。