小顔を目指している方であれば経験があるかもしれませんが、ダイエットをしても顔だけなぜか痩せてくれないという話はよく耳にします。小顔になりたいからとダイエットだけを頑張るのは果たしてどれほどの効果が期待できるのでしょうか。

また、ダイエットでも小顔を実現できなかった場合には、小顔注射でどうにかなるものなのでしょうか。今回はダイエットしても顔だけ痩せない理由と小顔注射の必要性について紹介していきます。

ダイエットしても顔だけ痩せない理由

多くの方が顔を小さくしたいと思ったときにまず実践するのがダイエットやリンパマッサージなどではないでしょうか。しかし、結論から言いますと、顔は脂肪を燃焼しづらい部位や痩せにくい部位とも言われているため、ダイエットだけではあまり効率的とは言えないでしょう。

もちろん、標準を大きく上回る脂肪の量であれば、ダイエットを頑張ることで大きな変化を感じることはできるかもしれません。しかし、標準的な脂肪量の方がダイエットを頑張ったとしても、小顔になれた!とはっきり実感できるほどの変化は難しいようです。

その理由は、顔は筋肉の量が元々少ない部位ですので、脂肪の燃焼量が少ないということ、そして血行の良くない部位であるということが挙げられます。血行に関してはリンパマッサージで対処できるのでは?と思われがちですが、やはり効果は一時的であるため継続的に小顔というのは難しいようです。

こういったことからもわかるように、小顔になるためにダイエットをする、ということですと、なかなか変化が見えずに目標の小顔になる前に挫折してしまうかもしれません。

顔痩せするなら小顔注射がオススメ!

ではどうすれば良いのかというと、やはりそういった場合には小顔注射をおすすめします。

小顔注射は、脂肪吸引などに比べると効果は緩やかですが、しっかりと見た目でわかる効果が出やすいため、ばれにくく、自分自身の満足できる小顔を目指すことができます。注射だけですから切ったりすることもありませんし、安心して施術を受けられ、しかもダイエットのようにずっと頑張り続けるようなものではないのでモチベーションに関係なく結果を出すことができるでしょう。

まとめ

小顔になりたいとダイエットを頑張るのも良いですが、かなり根気が必要ということが分かりましたね。短期間で小顔になるのであれば、小顔注射を検討してみるのも良いかもしれませんね。