小顔に関する施術でよく比較されているのが、脂肪吸引と小顔注射です。この二つはどちらも小顔になりたいという希望に対して効果を発揮するものですが、いったいどういった違いがあるのか詳しく知っておきたいですよね。

比較して検討することで自分自身にどういった方法が合っているのかわかりやすくなりますし、安心して施術を受けることができるようになります。そこで今回は脂肪吸引と小顔注射を比較していきます。

安全性について

まず気になる安全性に関しては、どちらも医師の施術ですのでレベルは高いはずですが、切ったり吸ったりせずに軽い負担で済むという意味ではやはり小顔注射のほうが安全性は高いと言えるでしょう。

脂肪吸引は晴れや内出血などもありますが、小顔注射にはそういったリスクもありませんし、ダウンタイムも必要ありませんので時間が取れないという方にはうれしいですね。

痛みについて

安全性と似た面で、こういった施術でよく気にされることが多いのが痛みですが、痛みに関してはやはり手術である脂肪吸引よりも注射だけで済む小顔注射のほうが痛みはとても小さく済みます。

痛いのが苦手な方は手術や注射と聞いただけで苦手意識が出てしまうかもしれませんが、やはり注射のほうが傷がほとんどなく短時間で軽い負担で済ませることができますから、痛みで比較した場合、小顔注射のほうがストレスなく受けることができそうです。

効果を比較!

その他に気になることといえば効果の面ですが、どちらも医療によるアプローチであるため基本的に効果を実感しやすい施術であるとされています。どちらかというと、手術によって脂肪吸引をするのと注射では、やはり即効性や劇的な変化という意味で考えると脂肪吸引に軍配が上がります。

しかし、急激に大きく変化してしまうと不自然ですし、周りの目も気になるという方が多いですから、そういった意味では自然に緩やかに効果を実感できる小顔注射を選択するという方は多いです。

まとめ

総合的に見てみるとやはり小顔注射のメリットというのがどれほど大きいかがわかります。とにかく即効性、劇的な変化を求めている方は脂肪吸引という選択肢もありますが、脂肪吸引のデメリットをうまく取り除くことができるのが小顔注射と考えてもよさそうです。

どちらをやるかは自由ですが、いきなり脂肪吸引をやるのではなくて、まずは小顔注射から始めてみるのも良いかもしれませんね。